上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

187 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/31 09:52
お風呂に入って頭を洗っている時、「だる
まさんがころんだ」と口にしてはいけません。頭の中で考
えることも絶対にヤバイです。何故なら、前かがみで目を閉じて頭
を洗っている姿が「だるまさんがころんだ」で遊んでいるように見える
のに併せて、水場は霊を呼び易く、家の中でもキッチンやおふ
ろ場などは霊があつまる格好の場となるからです。さて、洗髪中に
いち度ならず、頭の中で何度か「だるまさんが
ころんだ」を反芻してしまったあなたは気付くでしょう。青じ
ろい顔の女が、背後から肩越しにあなたの横顔を血ば
しった目でじっとみつめていることに.....。さて、あな
たは今からお風呂タイムですか? 何度も言いますが、
いけませんよ、「だるまさんがころんだ」だけは。


スポンサーサイト
11.16 (Sun) 22:19 [ 怖い ] CM6. TOP▲

75 名前:2/2 投稿日:03/11/23 20:36
ある青年が、K県に行った時のこと。

空腹になったので、一軒のトンカツ屋に入った。
夫婦者でやっているらしい、小さく古びた店だった。
奥の座敷は住まいになっているようで、
子供がテレビを見ている姿がチラリと見える。
夫も妻も、無愛想で心持顔色が悪い。他に客はいなかった。
しかしここのトンカツ、食ってみるとものすごく旨い。
あっという間平らげ、青年は満足した。

会計を済ませ、帰り際。店主が『来年も、またどうぞ』と。
変わった挨拶もあるものだ、と青年は思ったが、
トンカツは本当に旨かったので、また機会があったら是非立ち寄ろう、
と思い、店を後にした。

それから一年…



76 名前:1/2 投稿日:03/11/23 20:37
再びK県に赴いた青年は、あのトンカツ屋に行ってみることにした。
しかし、探せども探せども店は見つからない。
おかしい…住所は合ってるし、近隣の風景はそのままだし。
まさかこの一年で潰れた…とか?いやあんなに旨い店なのに。
仕方がないので、住民に聞くことにした。するとあの老人が、

「ああ、あの店ね。あそこは11年前に火事で全焼してね。
 家族3人だったけど、皆焼け死んでしまって…」

そんな…青年があの店に入ったのは去年のことだ。
戸惑う青年をよそに、老人は続けた。

「毎年、火事で店が全焼した日、つまり家族の命日にだけ、
 その店が開店する…って話がある。入った客も何人かいるようだが…。
 あんた、去年入ったの?」 
       
        『来年も、またどうぞ』

帰り際の店主のあの変わった挨拶。
あれはつまり、来年の命日にもまた店に来いと、
そういうことだったのだろうか…。 
恐慌をきたしながらも青年は、家族の命日だけは確認した。
案の定、去年青年が店に入った、その日だった…。

……その話を青年から聞いた友人は、
「そんなバカなことあるかよ。お前ホントにトンカツ食ったの?」と。
青年は答えた。
「本当に食った!あんな旨いトンカツ初めてだったし、それに子供が
 奥の部屋で見てたテレビ番組、ルパン三世の曲だってことも憶えてる」

しかし青年は、しばらく考え込んでから呟いた。
「そう言えば、子供の首が無かった気がする…」


11.16 (Sun) 20:20 [ 怖い ] CM4. TOP▲

647 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 22:15:22 ID:piTGUbKC0
じゃあ俺も一つ、数少ない怖い体験を披露しようと思う。

俺のうちは昔、超貧乏で欲しいものなんか何一つ買ってもらえなかった。
着てる服は近所の子供のお下がりだったし、おやつは氷砂糖だけだった。
そんな俺でも義務教育だけはちゃんと受けさせてもらっていた。
ただし、勉強道具はすべてお下がりだった。生まれてからずっと
お下がりばかりだったから、別になにも不満はなかったんだけど、
ひとつだけ嫌なことがあった。それはお下がりでもらった学習机だった。
その学習机はお下がりなのにまだ新品の光沢を保っていて、
ひきだしをあけると木材のかぐわしい香りが楽しめた。
俺はその学習机をひどく気に入って、暇な時間は柄にもなく机の上で
本なんかを読んでみたりした。

学習机がきて一週間くらい経った頃、妙な体験をした。
いつものように椅子に腰掛けて机の上で本を読んでいると、
右足にひんやりとしたものが触れた。本を読んでいる最中だったので
足に触れたもののことなど気にしなかった。足をひんやりとしたものに
当たらないように少しずらす。しばらくすると、またひんやりしたものが
足に触れた。気持ち悪かったので右足でひんやりとしたものを
奥に蹴り込んだ。すると足の先にぐにゃっとした変な感触があった。
視線は机上の本にありながら、意識は机下の足先に集中した。
俺は右足をそっと動かしながら、そのぐにゃっとしたものの表面を
確かめた。ぐにゃっとしたものは、凹凸があり、所々に穴があいていた。
やわらかいかと思うと、かたい所もあったりして何なのかさっぱりわからない。
足先はなめるようにぐにゃっとしたもの表面に触れていき、最後に上部に達した。
そこで細い糸のようなものが沢山ある感覚を感じた瞬間、自分の足が
触れているものが何かわかった。俺はそっと体を曲げて机の下を覗いた。
そこには青白い男の子がいた。俺の足先は男の子の頭に触れていたんだ。
俺はびっくりして椅子ごと背後に倒れた。でも顔は常に机の下の男の子を向いていた。
男の子も微動だにせず俺を見ていた。


11.16 (Sun) 18:23 [ 怖い ] CM7. TOP▲