上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月は、別館の更新が少なくてすんません。
仕事柄、12月は非常にバタバタします。
12月の中旬から本日まで休肝日がありません><
(そっちかよwってツッコミはいらないww)

酒好きの私が『今日はお酒は勘弁して!』と毎日念仏のように唱える時期です。
忘年会が始まれば、また湯水のように飲んでしまうのですけど・・・。
で、そんな泥酔状態で本館のネタを更新したりする訳ですが、
やっぱり酔ってると笑いどころが違うね。素面の時にアップされた記事を読むと・・

『これのどこが面白いん????』ってなるwwww

管理人がそんな評価のネタに、コメントをしてくれる方々に感謝しております><
出来るだけ素面の時に更新しようと誓いましたwww


で、話は突然変わるけど、
あっと言う間に2008年が終わろうとしてますねー。
皆さんはよい年を過ごせましたか?
個人的には、仕事もまぁまぁ。私生活も程好くって感じですかね。
一番変わったことが、『2chコピペ保存道場』の運営でしょうか?

以前にも書きましたが、5月末までは超過疎ブログ。
何を思ったか6月からはまじめに更新し続けてます。
休んだのは、自分の誕生日の一日だけ。この継続性を仕事で活かせれば、
今頃、会社の2つや3つ経営できてるでしょうwww
まぁ仕事じゃないから出来るんだろうけどね。

とりあえず、来年の目標
特色を出すのが難しい短レスブログだけど、保存道場に行けば、
こんなネタが豊富にあるよ。って言ってもらえるようなブログにしたい。
まっ、来年も肩の力を張らず、適度に笑えるネタを提供出来ればと思います。


それでは、毎年恒例の同級生との忘年会に行ってきますww
毎年30日の19:00に戎橋付近で集合という、かなり無謀で不思議な忘年会www
こんな不思議な忘年会が何年も続いてますが、
当日まで連絡も取り合わないのに、なぜか10人は集まるのが驚きです。
でも、店の予約すらしてないから、寒いミナミを毎年彷徨う羽目にwww
そろそろ計画的な大人になろうZE!
まぁ、そんな友人との時間も楽しんだけど。

では、来年も2chコピペ保存道場と別館をよろしくお願いします!


皆さんよいお年を!

スポンサーサイト

194 :本当にあった怖い名無し:2008/12/22(月) 13:45:53 ID:DGD1qZe/O

数年前、携帯でチャットをしていた
2ショットチャット
相手は男で自分は女

男が「高校生?部活とか入ってるの?」と聞いてきた
その時自分は吹奏楽に入っていたから
「吹奏楽に入ってるよ」と打った
で、色々話をしている時何故か、その男の事が嫌いになった
私は何も知らせず退室


だいぶ経って久しぶりにチャットに行った
私はその男の事なんか忘れていた
2チャットでまたある人と話した
私「やっほー」みたいな事言ってた

次に発せられた相手の一言が

 「吹奏楽楽しい?」


12.28 (Sun) 15:18 [ 怖い ] CM4. TOP▲

742 名前: 2006/08/15(火) 19:19:19 ID:VxzY0cPtO

天井に血まみれになっている女が、忍者のように張り付いていたのであります。私は衝撃のあまり固まってしまいました。
声も出ません。私は全身が痺れているような感覚に陥りました。
そうしている内に気を失ってしまいました。
ハッと気が付いて、天井を見上げてみると女の姿はありませんでした。
私は悪夢を見ていたのだと思い、気を取り直して執筆を始めました。時刻は深夜02:25です。
またもや眠くなってきました。しかし、今晩中に原稿を仕上げなくてはいけませんでしたので、気合いを入れました。
しかし睡魔に勝てず眠ってしまいました…


745 名前: 2006/08/15(火) 19:31:17 ID:VxzY0cPtO

すると、背中を誰かに触られている感触が致しました。
私は起きてみて驚きました。血まみれの女が私の背中を触っているのです。
悪夢だ!と心の中で念じました(この時も言葉を発する事が出来ない)
気が付くと、私は机に突っ伏して眠っていたようです。
どうやら、また悪夢を見ていたようです。
ふと、時計に目をやると01:20でした。
時間が巻き戻っている?と思いましたが、夢と勘違いしていると思い納得致しました。
また、朝からずっと執筆をしている為に疲れが溜まっているのだなと思いました。
そして、ようやく執筆が終わり…



746 名前: 2006/08/15(火) 19:41:14 ID:VxzY0cPtO

本格的に眠りにつこうと致しました。
ところが寝苦しくて中々眠りにつけないのであります。
息苦しいのです。私は起き上がりました。
心の中で冗談まじりに、また血まみれの女かなとつぶやきました。
すると、私の書斎のドアが開き包丁を持った妻が立っていました。
妻はこう言いました。
血まみれになるのは貴方です。これは夢や嘘、幻なんかではなく現実なのです



12.24 (Wed) 18:35 [ 怖い ] CM1. TOP▲

256 :本当にあった怖い名無し:2008/10/03(金) 23:42:13 ID:xc0M2e0K0

小学校の汲み取り指揮トイレの裏で遊んでいた。壁に立てかけられた鉄の棒を
使って、汲み取り口を開けて中を覗いたりしていたんだ。
低学年の男の子が来た。うざい位にまとわり着いてきたんで、汲み取り口を覗いて
いるときに突き落とした。その後で怖くなって、蓋を閉じて知らん振りをして授業を
受けていた。(昼休みのとき?)棒に着いたであろう指紋をを着ていたカーディガンで
拭き取るくらい冷徹だった。

という夢を見たんだな。わけのわかんねー夢だなあ、と忘れていた数日後。

遠い県で、小学生が行方不明になったというニュース。
自分の夢と重なって、少し厭な気分になった。

かなり経ってからかな、その子がトイレの汚物槽ってのか、そこから見つかったと。
完全に自分の夢と重なり合ってしまった。けれど、住んでいるところと事件のあった場所が
あまりにも遠すぎたし、夢で見たといっても誰も信用しないし・・・とおもって黙っていた。

今にして思えば、ある意味予知していたのかもしれない。
犯人は小学校の上級生。茶色いカーディガンを着ていた奴。


12.24 (Wed) 04:31 [ 怖い ] CM1. TOP▲

792 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/12/11(木) 00:06:54 ID:bHZrm8Nr0
深夜、俺の部屋で友達と二人で雑談をしていると
「そういやさあの山にある民家ってさ昔、殺人事件あったよな」
友達が窓から見える遠くの山を指差した。
「ああ、あったあった。親父が狂って母親と娘を包丁でメッタ刺しにして殺したんだよな」
あの家まだあったんだ。山の中腹にポツンとある一軒の民家を俺は思い出した。
「実は、あの家の電話番号知ってるんだ、俺」
「マジかよ!?電話してみるべ!!」ってことで友達が電話したんだけど
電話してしばらくすると友達が青い顔をしだした。
俺が「どうした?」って聞いても受話器を持ったまま
「おかしい、つながらない・・・」とつぶやいている。
ガチャン
「あ~、怖かった。」受話器を置いて友達が言った。
「おまえおかしくなったか?だってあそこはもう何十年も廃墟だろ?誰も電話に出るわけないじゃん」
と俺が言うと友達は

「だから怖いんじゃん」


12.14 (Sun) 12:58 [ 怖い ] CM2. TOP▲

723 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/12/09(火) 16:05:38 ID:1F68dnm70
普段超インドア派なんだけどさ、
好きな女が男に襲われてたから出てって撃退したわけよ
そしたら彼女死んじゃったみたいでさ、
普段は呼びかけても返事しないんだけど
今日はずっと俺に可愛い声でどうしたのって言ってるよ
出てくんじゃなかった


12.14 (Sun) 09:35 [ 怖い ] CM7. TOP▲

710 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/12/09(火) 10:35:16 ID:MRvT/nBZ0
12月5日
タクシー運転手の俺は、東京から箱根までの客を乗っけて
上機嫌だった。
客を降ろした帰り道。
そのころには夜の11時を過ぎていて、山奥は真っ暗だった。
山道を走りながら「おばけでも出たらヤダなぁ」
なんていかにも出そうな雰囲気にビクビクしながら帰っていた。

すると明りも少ない山道の先に、
白い布のようなものが、時々チラチラと赤く動いている。
くねくねした道路のためはっきりとは見えないが
俺は確実にそれに近づいていた。
何だろうとは思いながらも
誰かの落とした柄シャツか何かだろうと
頭によぎるオカルトな想像を打ち消しながら運転していた。

「それ」が5メートルぐらいに近づいたとき、
心臓がぎゅぅと掴まれるように苦しくなった。

「それ」は血まみれの若い女だった。
女は口をパクパクしていて、両手を挙げてゆっくり揺らしていた。
顔は真っ白で、頭からドクドクと流れ出る血をさらに赤くしてみせた。

想像どうりのオカルトな展開に苦しくなった心臓はさらに苦しくなった。

「ぎゃぁ!!幽霊だ!」とっさにアクセルをさらに踏んでスピードをあげて
行き絶え絶え、とにかくその場から必死で逃げた。
その夜は帰宅したのが深夜3時。恐怖でほとんど眠れないまま過ごした。

12月6日。昼ごろ眠りにつく。
12月7日。休み。ボーっとする。



711 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/12/09(火) 10:37:49 ID:MRvT/nBZ0
12月8日。
出勤。事務所に行く。
事務所に着くなり同僚が「幽霊を見た!」と騒いでいた。
興味がわいてよく聞くと
昨日の夜、箱根付近で若い血まみれの女が
タクシーを止めようと手を挙げていた。
というものだった。
全く同じものを見たことのに驚いて、俺は同僚に5日夜のことを話す。
その同僚と「やっぱりあれは幽霊なんだ」
とあらためて確認して背筋が寒くなったのを感じた。



712 名前:最後[sage] 投稿日:2008/12/09(火) 10:39:19 ID:MRvT/nBZ0
12月9日
出勤。事務所に行く。
また事務所に着くなり昨日の同僚が
今度は新聞を持って血相を変えて話しかけてきた。
「おれらが見たのはこの女に違いない!」
そう言うと新聞を見せてくれた。

『箱根山中で若い女の他殺体が見つかる。
女性は鈍器で殴られ出血死。交際相手の男が事件後連絡が着かない。
車で逃走中の模様。車は○○のシルバーのセダン…
現在指名手配されている。』等々…。

この女の幽霊を俺はみたんだ!一気に高揚していくのを抑えきれずにいた。
俺は新聞から目を離し、また同僚と興奮気味に血まみれの女の話をし始めた。
「こえー!おれ幽霊みたの始めてだよ。」
「あの顔はやっぱり生きてる顔じゃねーよな!」

話しながら何気なくまた新聞に目をやる。
『死亡推定時刻は12月6日朝8時。』

俺が見た血まみれの女、その時はまだ 幽霊じゃなかったんだ…。


12.14 (Sun) 01:28 [ 怖い ] CM5. TOP▲

18 :本当にあった怖い名無し :2007/02/19(月) 15:23:00 ID:OWay/RFW0
ちょっと場つなぎに。
開かずじゃないんだけど、閉めちゃいけないってのは?

おばさんの実家が古い仕出し屋で、弟が生まれるんでひと月くらい一人で預けられたことがある。
店は大人ばかりで忙しそうで、敷地の中の探検ばかりしてた。

表が店と母屋で、裏に厨房と蔵と、昔は使用人の部屋で今は倉庫になってる離れがあった。
その離れの隅っこに物置があって、すりガラスの引き戸が必ず少し開いてて
中に皿とかお椀とかがあるのが隙間から見えた。
入ろうしたこともあるんだけど、見た目より重い戸で開けるも閉めるも出来なかった。

そのうち板前のにいちゃんと仲良くなり、気になっていた物置の戸の事を聞いたら
「閉めるとお化けがでるんだよ」と言われて、子供心に嘘だろーと思っていた。
別にその後大したことも無く過ごして家に帰った。

何年かしてから、その店が廃業したとおばから聞いたときに、
そのときの話をしたら、詳しいことを教えてくれた。



19 :続き :2007/02/19(月) 15:25:26 ID:OWay/RFW0
昔はその仕出し屋は、婚礼なんかのときにはその家に行って料理してくる方式で、
戦後くらいにそうやって料理しに行った板前が花嫁とできちゃったらしい。
結局店の当主にばれて女の家にも知れて、二人ともその道具のしまってある「支度部屋」で心中した。
その後片付けようとして部屋に入ると変な音を聞いたり、女を見たり、
具合が悪くなるヤツが続出して片付けも出来ず、取り壊そうとすると店の当主が倒れたりして、
どうにも出来ないままになってた。
しかも戸を閉めるとすりガラスにぶら下がってる影がうつるので、
閉めることも出来ず、で結局戸に釘を打って隙間が空いたまま動かないようにした。

俺が預けられてから数年してから店で修行していたおばの従兄弟に代替わりしたんだが、
裏に新しい厨房を作るのでその離れを壊したところ従兄弟が急に倒れ一ヶ月ほどで亡くなり、
店も続けられず廃業になった。結局土地も全部更地になって人手に渡ったんだそうだ。
その従兄弟ってのが俺が仲良くしてもらった兄ちゃんだった。
俺は知らなかったんだが両親は葬式出たらしい。
話聞いたときはすごいショックだった…


12.08 (Mon) 18:45 [ 怖い ] CM2. TOP▲

609 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/12/06(土) 23:47:35 ID:z0jLiu3N0
おれの住んでいる地区では徘徊老人や迷子が出ると
役所が街灯拡声器で放送を流す。

「○○歳の男性が、××時から行方がわかりません。
背格好は…」
とかそんな感じ。見つかると、
「先ほど放送した男性は、無事発見されました」
というような放送が流れる。

冬になると毎年風物詩のようにこの放送が流れるんだ。
今朝も、黒っぽい服を着た67歳の男性の行方が朝九時から
わからなくなっているという。この寒いのに、よく出歩く気になるもんだ。

と、思ったら夕方になってまた放送が流れた。

「先ほど放送した男性は、発見されました」


12.07 (Sun) 21:55 [ 怖い ] CM6. TOP▲

734 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/12/05(金) 20:24:28 ID:bJQ+zOZ/0
小学校の林間学校で、
夜中に赤ちゃんの鳴き声が聞こえたんだ。

友達も起こして、「何だろ・・・ココの人の子どもかな?」とか言ってたんだよね。
それで全然寝れなくて、友達も「いつまでもうるさいなぁ」とか、
言ってたんだけど、
結局知らない間に寝ちゃってて。

次の日に、泊めてもらったお礼にとかで、
皆でその校舎?を掃除する事になったんだよ。

俺と、鳴き声を聞いた友達は、裏の林を掃除してたんだけど、
そこで、

首吊りしてる赤ちゃんの人形を見つけた。

すげーパニックになって、
先生に言って、人形を確認してもらい、
「誰だ!こんな悪戯するやつは!」ってなったんだけど、
前の晩に、赤ちゃんの鳴き声聞いてたって話したら、
先生も黙ってしまった。

そこには赤ちゃん居なかったんだよね。

今の所、俺の最初で最後の怖い話。


12.06 (Sat) 14:58 [ 怖い ] CM1. TOP▲

348 名前:1/5 投稿日:03/09/12 14:36
デザイナーやってるんだけど、ある時、納品されたチラシに変な影が印刷されてた。
ぼんやりと暗くなってる部分が大きく出てて、印刷会社に文句言ったの。
版も見せてもらったんだけど、別に版にはそんな影はない。
まぁ印刷機の詳しい所まではわかんないから、とりあえず刷り直してもらうって事になった。
だけど、待てども待てども上がってこない。
印刷会社に連絡しても、印刷機の調子が悪いの一点張り。
クライアントへの納期も押して、どうしようと思ってたら、印刷会社から連絡があった。
印刷機がどうしてもちゃんと動かないから、今回の仕事は他に回して欲しいとのことだった。



349 名前:2/5 投稿日:03/09/12 14:38
結局クライアントの指定した納期には間に合わず、代理店からこっぴどく怒られた。
印刷会社には頭に来たが、その印刷会社は今迄すごくいい仕事してくれる所だったのに、
どうしたんだろうという心配があったので、仲のいい営業を飲みに誘い、詳しく事情を聞くことにした。
その夜、居酒屋で乾杯の後、営業はチラシを2枚オレに差し出した。
2枚ともオレが作ったチラシだが、1枚は最初の影が写ったチラシ、2枚目はもっと濃い。
「ここだけの話にしてね。」
そう念押しして営業の人は話してくれた。



350 名前:3/5 投稿日:03/09/12 14:39
2枚のチラシのうち、1枚目は最初に納品されたもの、2枚目は次に刷り直した物だという。
「あらあら、2枚目のがひどいじゃん。」
「○○さん、よく見てよね。なんか見えない?」
よーく見ると・・・人の顔・・・?
「そう、人の顔。見覚えない?」
「え、ちょっとわかんない。何コレ?」
「前一度会った事あるでしょ。職人の人。Mさん。」
「あ、あのオジサン?」
「あの人ね。先月亡くなったの。印刷機に腕まきこまれて。」
出血多量だったそうだ。印刷機はローラーを取り替えて再稼動することになったが、
それから調子はよくなかったという。



351 名前:4/5 投稿日:03/09/12 14:40
「最初はね、1枚目みたいな感じだったんですよ。○○さんとこだけじゃなくてね。
この印刷機通したもの全部。メーカーに見てもらったけど直んないの。」
そうするうちに社内では、そのMさんの幽霊じゃないかという噂がたちはじめたそうだ。
「んなアホな、って思うじゃないですか。でもね、○○さんにダメだしされて刷り直した
コレ見てオレも確信したね。こんなに濃くでたのはじめてだったし。オレ鳥肌たっちゃった。」
確かに鳥肌ものだった。
まるで感熱紙の上に中途半端に熱いものをのせてしまったような感じで、
男の顔がぼんやりとうかんでいた。
「・・・これからどうするの?」
「祈祷師呼んでお払いしてもらうことになってる。それでダメなら新しいの買わなきゃ。
だから仕事しばらくうけらんない。申し訳ないんだけど・・・。」



352 名前:5/5 投稿日:03/09/12 14:40
それから、お払いをしてもらった印刷会社は復活したに見えたが、
社内は相当ゴタゴタしたらしく、やめてしまう人が続出し、オレもそこには仕事を頼まなくなった。
確かにやばい出来事だったけど、ここまでひどくならなくても・・・と正直思ったが、
後に事情を聞くと、内部ではもっといろいろあったそうだ。
長くなるので一旦区切るけど、人事ながら怖かった。


12.05 (Fri) 15:27 [ 怖い ] CM0. TOP▲

341 名前:事故の多い駅 1/3 投稿日:03/04/29 02:36
俺は人身事故で有名なC央線を利用して通勤している。
先週も飛び込み自殺があった、俺の使っている駅でだ。

今日、いつもよりちょっと早く起きた俺はホームにたたずんで
なにげなく反対側のホームを見ていた。まだ電車の本数も少なく、
向こうは下りホームだけあって人もまばらだった。

「○○線に××方面行き下り電車が参ります」電車のアナウンスだ。
ふとホームを見ると俺の正面に女性が立っている。26,7歳くらいの
いたって普通の女性だ。だが何かが変だ・・・、何だ?・・・。

女性の顔が恐怖にこわばっている。しかも、下りの電車がホームに
入ってくるにつれ、何かに引きずられる様に一歩一歩ホームの端に
近づいてくるのだ。俺はその光景を間近で目の当たりにし、
恐怖のために唇一つ動かす事ができなかった。



343 名前:事故の多い駅 2/3 投稿日:03/04/29 02:36
鋭い金属音と悲鳴が響き渡り、電車は止まった。俺の目の前に大量の血と
ピンクの肉片が広く飛び散っていた。あまりにグロテスクなものを
見てしまい吐き気をもよおしそうになりながらも、そろそろ会社に
行かないといけない俺は急いで振り替えのバスに乗るためホームを立ち去った。

あの違和感はなんだったのかバスの中で考える。どうしても分からない。

バスは新宿に近づき、高層ビルの間をくぐりはじめた。太陽の光が高層ビルの
ガラスで乱反射してとても眩しい。

「眩しいな・・・、眩しい、そうか!」 俺はついに合点がいき、大声を
出してしまった。あれは飛び込み自殺を間近に見たり、恐怖にこわばった女性の
顔を見たから違和感があったのではない、「その前からおかしかった」のだ!。


344 名前:事故の多い駅 3/3 投稿日:03/04/29 02:37
「思い出せ・・・」 俺は今朝の光景を脳裏に描き始めた。
俺の利用する駅のホームは東西にのびている、つまり、朝日は上りホームを
利用する俺の左手側から右手側に向かって差し込む。ホームの屋根を
支える柱も、駅の売店も、何もかもが左から右に向かって影を作るはず、だ。

しかしあの女性の場合は違った。あの女性が形作っていた影は足下から下、
つまりこちら側にのびていた。どう考えても自然ではない。
あの女性は何か得たいの知れないものに引きずり込まれたんじゃないのか?。
例えようもない気持ち悪さが胸から喉へとこみ上げてくる。


深夜遅く家に帰り、俺はネットで自分を納得させる理由を探して回った。
そしてついに見つけた。8年前この駅で人身事故が起こった時のホームの写真だ。
事故の発生時刻は今朝のものとだいたい同じだ。そして俺はホームを凝視し恐怖した。

黒い腕の様な影が線路からホームへと無数に伸び、事故にあった人の足下に絡みついているのを。


12.03 (Wed) 02:49 [ 怖い ] CM1. TOP▲

501 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/11/30(日) 03:54:39 ID:ZgB576B/O
某鉄道会社で運転士をしているんだけど、1年前に初めて人身事故に当たった。
夕方5時過ぎで辺りは既に真っ暗だった。
現場は踏切で直線なんで100km/h程度出てる区間。100m手前あたりで人が入ってきて、
あっと思ってすぐに非常ブレーキをかけた。
とっさに「直前横断!?」と思ったけど、線路の真ん中まで来て止まった。
警笛を鳴らしても動く気配なし、何よりこっちを見てるのに全く動かないのが怖かった。
数秒がやけに長く感じた後、足元からゴンゴンッ!とかなりの音がした。
「うわー、当たった」 と思うも列車はなかなか止まらなくて、
現場をだいぶ行き過ぎてようやく止まった。
すぐに無線で関係箇所に報告して現場にダッシュ。
車掌もすでに降りてて車体の下を覗き込んでいた。
近くに鞄が落ちてて少し先には腕らしきものが落ちていたが体が見つからなかった。
懐中電灯で車体下を照らしながら少し戻ると、
台車(タイヤ)の奥で若い女の子がじっとこっちを見ていた。
目が合って一瞬「え、誰?」と思った。
すぐにそれが自分のはねた人だと気づいて、心臓が止まりかけた。
「生きてる・・?」そう思って何度も声を掛けたが返事がない。ただじっとこっちを見ている。
大声で車掌を呼びながら、ふと奥の方を照らした瞬間、
初めて胸から下が無いことに気がついた。生きてる訳がなかった。
その後警察が来ていろいろ調べた結果、
大学生で自殺と判明したけど、今でもあの時、自分は死んだ人間に話しかけていたんだと思うと怖くなる。


12.01 (Mon) 20:45 [ 怖い ] CM3. TOP▲

146 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/11/29(土) 23:02:53 ID:GQS8Q2X70

県境越えた病院建設 疎地"安心の拠点"(2002年の記事)
「とても不安でした。病院に間に合わないんじゃないかと…」
岐阜県白川村の主婦山本美加枝さん(37)が振り返る。
十五年前、真冬二月の深夜に産気づき、夫の車で同県高山市内の病院まで約二時間かけて走った。
「道がしみてて(凍ってて)滑って危なかった」
山本さんは病院に着いてすぐに分べん室に入り、無事女児を出産した。
「あのとき東海北陸自動車道があれば、病院も近くなり、道も安心で、あんなに焦らなくて済んだのに…」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

高速事故 トラックと乗用車衝突、七人死亡 東海北陸道(2004年の記事)
岐阜県郡山市大和町の東海北陸自動車道の平山トンネル(1413メートル)の北側出入り口付近で、(中略)
県警高速隊の調べでは死亡したのは、
岐阜県白川村荻町、会社員、山本衛さん(48)
▽妻美加枝さん(39)
▽長女麻理さん(16)


12.01 (Mon) 14:50 [ 怖い ] CM8. TOP▲

575 名前:痴女1/2[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 09:36:00 ID:8wsEgQrN0
こいつはキャバクラの店長から聞いた話。

会社員の男は、仲間と飲み会の帰り、かなり酔っ払って
自宅へ向かっていたが、途中から一人の女が後ろを付いてくるのに
気が付いた。
チラ見すると、紙袋を持った女で、地味な顔立ちだったが出るとこ
は出てる、まあまあ良い体つきの女だった。

公園を通る時、尿意も有って公衆便所に入ったんだそうだ。
酔いがまわっていた男は、アダルトビデオの痴女物なんかを思い出して
付いて来ねえかな?なんて馬鹿な事を思って、後ろを振り返った。

一瞬だったが女と目が合ったんだそうだ。

「あの女、ノックしてきたりして・・・へへ」
馬鹿な妄想たくましく個室に入った男は、用を足した後
聞き耳を立てて、様子を伺っていたが、しばらくすると便器に
座ったまま眠りこんでしまった。


576 名前:痴女2/2[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 09:36:47 ID:8wsEgQrN0
寒気がしたのと、外で怒鳴り声がしたのと、目が覚めた
のは同時だったらしい。

ドスンという音と、『大人しくしろ!』って怒鳴り声がしていた。

何がなにやら分からずに、慌ててドアを開けると
便所の中に制服の警官が居て、床の上で暴れてるヤツを押さえてる。

白い足がバタバタしてるのと、紙袋が目に入った。

早朝パトロールしていた警官が、公衆便所の個室によじ登っていた
人影が見えたため、覗きに来ると、男子便所の中で女が個室の
壁に上がって隣の個室を覗き込んでいたという。
慌てて取り押さえようとすると、女は紙袋からハサミを取り出して
警官に切りつけたそうだ。

ビックリ仰天の男は、辺りが明るくなっているのに気が付いた。
深夜の数時間のあいだ、眠りこけてる自分をずっとハサミを持った
女が個室の上からジッと見ていたらしい。


12.01 (Mon) 10:32 [ 怖い ] CM0. TOP▲

334 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/11/26(水) 15:38:28 ID:25/KSZKgO
俺は最近何かに憑かれているようだ…

常に背後から視線を感じるし、歩いていると少し遠くから足音が追いかけてくる
最初はあまり気にしないようにしていたが、足音は日に日に近付いている
流石に怖くなったので、霊感の強い友達に相談したところ
「こいつは…物陰にしか居られないような弱い霊だな
それでも近付かれるのはヤバイから、物陰の無い見晴らしのいい場所を選んで歩くといいよ」
と言われた

友達の家からの帰り道は、原っぱを歩くことにした
実際歩いてみると足音は俺一人分しか聞こえない
こんな見晴らしのいい場所なら、友達の言うとおりで奴は存在できないようだ
一応まわりに奴がいないか見渡してみる
やはり居ない…
俺自身以外に影を作るものが無いのだから当たり前か


12.01 (Mon) 00:56 [ 怖い ] CM4. TOP▲