上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

272 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/09/01 21:41
さっき兄貴に聞いた話なんだけど、本当かな・・・

兄貴が大学いってる時っていうから10年くらい前。
同じコースの連中が10人くらいいて、結構みんな仲が
よかったらしい。
夏休みが明けて、アツイダルイと言いながらもみんな授業に
出てて、それで1週間たった。
兄貴が夜下宿でアイス食べてる時に
「あれ、○○はどうしてんだ」
と急に思ったんだと。
考えてみたらコースの仲間の○○を、夏休み明けから一度も
見なかったそうだ。
夏休みも一緒に海に行ったりした仲で、そいつが顔を見せなか
ったら、心配して電話くらいしたはずなのに、どういうわけか
そいつのことをすっかり忘れていたらしい。
それですぐ電話してみたけど、留守電。
まあ、いいやと思っていたら、次の日、大学で
「なあ、○○どうしたんだろうな」と他の仲間に聞いてみると
「そういや、俺○○のこと完璧に忘れてた!」
とみんな言い出して騒然。



273 名前:続き 投稿日:03/09/01 21:42
結局誰に聞いてもその日まで○○の存在を忘れていたらしい。
その日も○○はこなかったので、代表して兄貴が実家に連絡
してみたけどこっちにはいないとのこと。
あとで知ったらしいけど、いつも出席とる授業の先生も、なぜか
○○の名前は呼び忘れていたらしい。

その2日後に隣町の山道でふらふら歩いていた○○が発見された。
彼が言うには
「山で遭難して丸一昼夜歩きつづけていた」
でも日付がおかしいので確かめると
今日は・・・だろ? と言って10日前の日付を言ったらしい。
一時的な記憶の混乱だとされて、普通に病院に入院して
すぐに退院できたんだけど本人は釈然としなかったらしい。
兄貴たちの間では「絶対、神隠し」と言われて語り草になってる
と言う。

ちなみに10日前に山に散策にいったのは間違いないらしいんだけど、
持っていった食料はオニギリだけ・・・・・
足りないよなあ。


スポンサーサイト
02.05 (Thu) 03:12 [ 怖い ] CM3. TOP▲

625 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2009/02/04(水) 23:52:41
「自作都市伝説を流行らせようぜ」
ある日馬鹿な友人がそんな馬鹿げたことを言い出した。

「ネタはもうあるんだよ、実は半分実体験だけどさ」
彼はそう前置きして、その「置き忘れたルージュ」と題した都市伝説を語った。

要約すると、

真っ赤な口紅が印象的だった恋人と別れ話をした。
一筋涙を流すと、分かったわ、と言って彼女は彼の部屋から出て行った。
彼女のお気に入りだった白いマグカップに、赤い口紅が付いていた。
彼女との思い出を洗い去るように、彼はそのカップを丁寧に洗った。

彼女の訃報を知ったのは翌日の夕刊だった。
電車に飛び込んでの轢死。明らかな自殺。
自分の言葉を悔いながらも、彼はもはやどうすることも出来ずに泣いた。

翌日、一睡も出来ず憔悴した彼は、コーヒーを飲もうと食器棚を開けた。
彼女のお気に入りだったカップに、赤い口紅が、
今まさに彼女が口を付けたかの様に、残っていた…。

「ふーん、お前にしては気の利いた作り話だな」
「半分実話ってどの部分だよ?」
私たちは話を聞き終わってから、口々に尋ねた。

「うん、彼女が死んだってのは嘘なんだ。
俺から別れ話をしたってのも嘘。別れたくねえし。
彼女は赤い口紅もしてないし、白いマグカップなんて俺んちにはない」
「おいおい…」

「ただ、真っ赤な口紅だけがあるんだ。
拭いても拭いても拭いても、真っ赤な真っ赤な口紅が消えないんだ」


02.05 (Thu) 01:38 [ 怖い ] CM16. TOP▲