上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

892 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 12:36:01 ID:SMWNyFZYO
父と離れて暮らすようになったのは10才の頃。
小学校高学年の頃から、私が単独で父の元へ行き、泊まって帰る事を許されるようになった。
父の住まいは小さめのマンションの一室で、私はいつも学校帰りに訪れると、
父が帰宅するまで父のベッドで寝て待った。夕方頃、帰った父が揺り起してくれるのが嬉しくて、
寝たふりする日もあった。

中学になってすぐのある日、学校へ行くべく家を出た途端その日は創立記念日であることを思い出した。
小学校と同じつもりでいて、うっかりした。
家に戻ろうと一瞬思ったが、少し悪戯心が働き、私は父のマンションへ向かった。
朝から父の元へ向かうのは初めてで、どきどきした。鍵は空いていた。そっと覗く。
何故だろういつもと雰囲気が違う。寝室を覗く。差し込む日差しが眩しくて、よく見えない。
見知らぬ女が父のベッドで眠っていた。
誰この人。
女は下着姿でけだるそうに眠っている。
まさか、父の不倫相手?そんな、父がそんな
パニックになった私は、近くにあった灰皿で女の頭を殴打した。汚らわしくて耐えられなかった。
女はすぐこと切れた。我に返り、怖くなった私は逃げ出した。それから父の元へは行かなくなった。
父が犯人となり逮捕されるかも、とも思った。不倫する父など逮捕されればいい、とも思った。

怯え続けて数か月、母から父が寂しがっていると聞かされた。
一緒に会いに行こうと言われ、最初は拒んだ。
けど、やはりあの女の事などが気になり、母と共に父の元へ。
父は元気そうだった。世間話をいくつかした。
そろそろ帰るかという頃、覗きこんだ寝室に差し込む夕日を見て、

私は、とんでもない事をしてしまったのに気が付いた。


スポンサーサイト
04.06 (Mon) 01:34 [ 怖い ] CM9. TOP▲