上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

445 名前:名無しさん@そうだドライブへ行こう[sage] 投稿日:2009/08/26(水) 02:00:06 ID:h15sX/WQ0
「週末の夜で、明日は休みだからって安心して、ダンナと一緒に遅くまでゲームをしてたの。
でも途中で私、眠くなっちゃって、寝室に引き上げた。うとうとし始めた頃に、いつの間にかベッドに並んで寝ていたダンナが私を揺り起こした。
『先に寝るなよー、さみしいじゃないか。少し話をしようよ』
眠っているところを無理やり起こされて、私はちょっと怒っていたから、寝返りを打って無言でダンナに背を向けた。
『こっち向けよ、無視するなよー……無視するなら怖い話をするぞ』

うちのダンナ、怪談がえらく上手いのよ。だからこそ、深夜には聞きたくない。その日のダンナの話は特によく出来てた。
『深夜にこういう話をすると寄ってくるって言うけど。Yちゃん何か感じる?』
私が背中を向けたまま黙っているのに、ダンナは気にしないで話を続けた。
『感じないよねYちゃんは。そういう風に出来ているから。それはとっても、いいことなんだよ。
気づいていいことなんて、一つもないからね……でもぼくは時々、Yちゃんが怖くなるよ。ねえYちゃん、Yちゃんは本当に気づいてないの?』
ダンナが何を言っているのかよくわからなかった私は、自分が怒っていたのも忘れて、聞き返しちゃったの。
『何の話をしてるの?』



446 名前:名無しさん@そうだドライブへ行こう[sage] 投稿日:2009/08/26(水) 02:00:56 ID:h15sX/WQ0
『Yちゃんは時々、ぼくのふりをしている誰かと話をしているよね。見るたびにびっくりするよ、ぼくは話しかけていないのに、
Yちゃんは誰かに向かって返事をしているんだもの。そういうとき絶対に、Yちゃんはそいつのほうを見ない。
あれって、見たらぼくじゃないってわかっちゃうから、顔をそっちに向けないようにしてるんだよね……
Yちゃんは、本当に気づいてないのかなあ。気づいていないフリをしているだけじゃないのかなあ?』
寝返りを打って、ダンナのほうを向きたい。もうそんな話はやめて寝ましょう、と言いたい。
でも、出来ない。この体勢を変えてはならない。なぜだかわからないけど、そういう気がする。
背中の後ろでは相変わらず、ダンナが話し続けている。

そのとき突然、玄関で音がしたの。がちゃがちゃと鍵を差し込んで回す音、それからばたんと、扉が閉まる音。
誰かが家に入ってきた!泥棒だ、と思った私は跳ね起きて玄関に向かった。
『あれ、起こしちゃったね、ごめん。眠れないからちょっと夜食を買ってきたんだ』
そこにいたのはコンビニのビニール袋をぶら下げた、妙に表情の薄いダンナだったの。

それからのダンナ? ……区別がつかないなら、別にどっちでもいいんじゃないかしら」


スポンサーサイト
08.26 (Wed) 20:44 [ 怖い ] CM10. TOP▲