上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2000/08/02(水) 07:03
私は、夢をみていました。昔から私は夢をみている時に、たまに自分は今、夢を
みているんだと自覚する事がありました。この時もそうです。何故か私は薄暗い
無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思いました。
すると急に駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。 それは
「 まもなく、電車が来ます。その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ~」
と意味不明なものでした。 まもなく駅に電車が入ってきました。それは電車というより、
よく遊園地などにあるお猿さん電車のようなもので数人の顔色の悪い男女が一列に
座ってました。

私はどうも変な夢だなと思いつつも、自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与え
られるか試してみたくなりその電車に乗る事に決めました。本当に恐くて堪られなければ、
目を覚ませばいいと思ったからです。私は自分が夢をみていると自覚している時に限って、
自由に夢から覚める事が出来ました。

つづく



12 名前:まだつづくぞ! 投稿日:2000/08/02(水) 07:09
私は電車の後ろから3番目の席に座りました。辺りには生温かい空気が流れていて、
本当に夢なのかと疑うぐらいリアルな臨場感がありました。
「 出発します~」とアナウンスが流れ、電車は動き始めました。これから何が起こるのだろ
うと私は不安と期待でどきどきしていました。電車は ホームを出るとすぐにトンネルに入りま
した。紫色ぽっい明かりがトンネルの中を怪しく照らしていました。

私は思いました。(このトンネルの景色は子供の頃に遊園地で乗った、スリラーカーの景色だ。
この電車だってお猿さん電車だし結局過去の私の記憶にある映像を持ってきているだけでちっとも
恐くなんかないな。)

とその時、またアナウンスが流れました。「 次は活けづくり~活けづくりです。」
活けづくり?魚の?などと考えていると、急に後ろからけたたましい悲鳴が聞こえてきました。
振り向くと、電車の一番後ろに座っていた男の人の周りに四人のぼろきれのような物をまとった
小人がむらがっていました。よく見ると、男は刃物で体を裂かれ、本当に魚の活けづくりの様に
なっていました。強烈な臭気が辺りをつつみ、耳が痛くなるほどの大声で男は悲鳴をあげつづけました。
男の体からは次々と内臓がとり出され血まみれの臓器が散らばっています。

私のすぐ後ろには髪の長い顔色の悪い女性が座っていましたが、彼女はすぐ後で大騒ぎしてい
るのに黙って前をを向いたまま気にもとめていない様子でした。私はさすがに、想像を超える展開に
驚き、本当にこれは夢なのかと思いはじめ恐くなりもう少し様子をみてから目を覚まそうと思いました。

気が付くと、一番後ろの席の男はいなくなっていました。しかし赤黒い、血と肉の固まりのような
ものは残っていました。うしろの女性は相変わらず、無表情に一点をみつめていました。
「 次はえぐり出し~えぐり出しです。」とアナウンスが流れました。
すると今度は二人の小人が現れ、ぎざぎざスプーンの様な物でうしろの女性の目をえぐり出し始めました。
さっきまで、無表情だった彼女の顔は、痛みの為ものすごい形相に変わり、私のすぐ後ろで鼓膜が
破れるぐらい大きな声で悲鳴をあげました。眼かから眼球が飛び出しています。血と汗の匂いがたまり
ません。私は恐くなり震えながら、前を向き体をかがめていました。ここらが潮時だと思いました。
これ以上付き合いきれません。しかも、順番からいくと次は3番目に座っている私の番です。私は夢から
覚めようとしましたが、自分には一体どんなアナウンスが流れるのだろうと思い、それを確認してからそ
の場から逃げる事にしました。



13 名前:これで最後だ 投稿日:2000/08/02(水) 07:11
「次は挽肉~挽肉です~」とアナウンスが流れました。最悪です。どうなるか、容易に想像が出来た
ので神経を集中させ、夢から覚めようとしました。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)いつもはこう強く念じる
事で成功します。急に「ウイーン」という機会の音が聞こえてきました。今度は小人が私の膝に乗り変な
機会みたいな物を近づけてきました。たぶん私をミンチにする道具だと思うと恐くなり、
(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)と目を固くつぶり一生懸命に念じました。
「 ウイーン 」という音がだんだんと大きくなってきて、顔に風圧を感じ、もうだめだと思った瞬間に静かに
なりました。

なんとか、悪夢から抜け出す事ができました。全身汗でびしょびしょになっていて、目からは涙が流れ
ていました。私は、寝床から台所に向、水を大量に飲んだところで、やっと落ち着いてきました。恐ろしく
リアルだったけど所詮は夢だったのだからと自分に言い聞かせました。

次の日、学校で会う友達全員にこの夢の話をしました。でも皆は面白がるだけでした。所詮は夢だからです。
それから4年間が過ぎました。大学生になった私はすっかりこの出来事を忘れバイトなんぞに勤しんでいました。
そしてある晩、急に始まったのです。
「 次はえぐり出し~えぐり出しです。」あの場面からでした。私はあっ、あの夢だとすぐに思いだしました。
すると前回と全く同じで二人の小人があの女性の眼球をえぐり出しています。
やばいと思い (夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)とすぐに念じ始めました。。。。。。
今回はなかなか目が覚めません。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)。。。。。。。。
「次は挽肉~挽肉です~」
いよいよやばくなってきました。「 ウイーン 」と近づいてきます。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、覚めてくれ)
ふっと静かになりました。どうやら何とか逃げられたと思い、目をあけようとしたその時
「 また逃げるんですか~次に来た時は最後ですよ~」とあのアナウンスの声がはっきりと聞こえました。
目を開けるとやはり、もう夢からは完全に覚めており自分の部屋にいました。最後に聞いたアナウンスは
絶対に夢ではありません。現実の世界で確かに聞きました。私がいったい何をしたと言うのでしょうか?

それから、現在までまだあの夢は見ていませんが次に見た時にはきっと心臓麻痺か何かで死ぬと覚悟しています。
こっちの世界では心臓麻痺でも、あっちの世界は挽肉です。。。。。。


スポンサーサイト
11.28 (Sat) 17:06 [ 怖い ] CM3. TOP▲

244 眼ェ返せ1/3 sage 2006/05/21(日) 11:32:56 ID:wnxPqvo50
16歳の頃でしたでしょうか 初夏で熱帯夜の日
こんな夢を見た

もやが掛かった河原を歩いていると人が二人争ってるのを見つけた

慌てて駆け寄ると 女が二人...いや、髪が長いが一人は男だった
着流し?に落ち武者みたいな長い髪だ
そいつが馬乗りになって女性の首を絞めている。 相手は....

「母さん!?」 私の母親だった
苦しそうにうめいている。私が「何やってやがんだ!」と叫ぶと男はこっちを振り向いた。

片方の目が潰れ、
耳と鼻が削ぎとられ 歯も何本か無い。
開いている方の眼で私をギロリと睨んだ。そしてこう言った

『カツサダに、カツサダに眼ェとられた、あと1つ、あと1つコイツからもらう』
再び母の方に向き、今度は握りコブシで母の顔面をガンガン殴り始めた。
何とかして母を助けようと思った私は、ハッキリとは覚えてませんが
咄嗟にこう叫んだ
「眼が欲しいんならウチの眼ェくれてやる!母さん返せ!」と
男は殴るのを止め、眼玉の無い顔をこっちに向け ニヤ~っと笑った。
そして母から手を離し、私に向かって飛び掛って来た。
視界は真っ暗になり、目が覚めたときには汗びっしょりだった。
それだけじゃない、私は起きる瞬間まで自分の左まぶたを自分の左手で
ガリガリガリガリ引っ掻き続けていたのだ。その痛みで目が覚めたんだ。

その日 眼球がパンパンに腫れ、眼科に行くハメになった。医師曰く
『失明の心配は無いが、レンズに傷が付いてるので視力低下は免れない』との事だった。
おかげで今も視力は1.5と0.3である。



245 眼ェ返せ2/3 sage 2006/05/21(日) 11:35:42 ID:wnxPqvo50
後日 お彼岸か何かで母方の実家に集まる事があり、
母はこんな話をした
「夢の中で知らない男に首を絞められて、死にそうになったんだけど
この子の(私)の『お母さん、お母さん!』って声が聞こえてフッと楽になったんよ」って
私は驚き自分が見た夢の話をした。
母はボロボロ涙を流しながら、祖母は嗚咽でしきりに謝り始めた「ゴメンなぁ ゴメンなぁ」って

そして祖母はこんな話を始めた。

母方の7、8代前の先祖に『カツサダ』という男が居て
藩の牢番の職につき、特に拷問の役を任されていた。
残忍な性格の男で、拷問の途中しばしば『事故』と称しては
罪人をいたぶり殺していたそうな

焼きゴテを当て、
両目を潰し、
爪を剥がし、歯を抜き、
耳や鼻を削ぎ落とし、
陰茎を切り取って罪人自身に食べさせたり
それはそれは陰惨な行いだった

『カツサダ』の死後も大いに祟り、一族内で凶事が続いたため
本家では毎年一回 地鎮祭というか厄払いみたいなのをやっているらしいんだが
あの年はたまたま婆さんが入院してた為に行われなかったのだ。祖母はその事をしきりに謝り

こう続けた
祖母が嫁に来た年、爺さんが26の時。たまたま結納時期と被り、その年もお払いをやらなかったそうだが
爺さんも私と同じような夢を見たのだそうな



246 眼ェ返せ3/3 sage 2006/05/21(日) 11:42:27 ID:wnxPqvo50
夢の中、祖父が河原を歩いていると両目の無い男が現れ
顔を鷲づかみにし「カツサダぁ 眼ェ返せ」と
祖父の右眼をえぐり取っていった。
そんな夢だ
その時期から爺さんは白内障を患い始め、半年の間に右目は失明してしまった。
生前祖父の白く濁った右眼を何度も見ているので周知であった。
「『両目の無い男』って言うたよねウチの夢では片方あったんやけど」
愚問だった。婆さんは当然のごとく
「そりゃ片一方は爺さんの眼だぁな、目ぇ覚めるに男が『次は左眼を返してもらう』て言うたんだと」
「○○(私の名前)には悪いことをしたがぁ、両目が揃えばもうアレも出ぇへんやろう」

私は震えが止まらなかった。
視界が真っ暗になり左眼の痛みと共に目覚める瞬間 あの男は確かに私にこう囁いたのだ

『次は耳を返してもらう』 と


きっとまた夢の中にあの男は出てくるんだろう
私の子供か、それとも孫の代か、
今度は両目が揃った、耳の無いアイツが
眼 耳 鼻 歯 命
奪われたモノを全部取り返すまであの男は夢に出てくるんだろう
カツサダの子孫を恨み続けるのだろう

子孫?
「ハハ...ザマぁ見ろ!」 私は独り毒づく

     私は ゲイなんだ。


11.20 (Fri) 02:00 [ 怖い ] CM10. TOP▲

517 名前:窓を越える老婆1/7[sage] 投稿日:2009/08/18(火) 17:32:09 ID:D+dB/6oU0
俺はある機械メーカの技術者なんだけど、うちの機械は世界各国の工場でも使われている。
で、据付や調整、指導なんかで1ヵ月ほどそこに出張というのが年に1、2回あった。
これは最近、近所の大国へ行ったときの話なんだ。

機械を買ってくれた工場は、発展している沿岸部からそう遠くない所にあった。
でもすんごい田舎で、大きな工場の周りにはほとんど何もないような所だった。
工場は昔の国有工場で、数年前に台湾の会社との合弁会社になり、設備投資を始めたんだ。
その台湾の会社から、管理職や技術者が数人来ていて、
王さんという技術者が日本語ぺらぺらで、俺の通訳や世話をしてくれた。

その王さんから、「一人で工場の外へは出ないように」と言われていた。俺が?でいると、
「外へ出ても何もない。田舎だし、外国人に対するマナーもない。言葉も通じないし、迷子になったらタイヘン」
という答えで、まるで監視するかのように朝食から寝るまで、びったり俺に付いていた。
夕食後に散歩に出ようよ、と言っても「何もないです」と絶対ウンと言わない。
俺が行ったときの歓迎会と、週末の食事と買い物に、車で15分くらいの町へ台湾人達と出かけるだけ。
お国柄的に、外国人が行ってはいけない秘密施設でもあんのか?と思ったくらい。
確かにゲストハウス用の食堂で三食食べられるし、商品に難があるが売店もあり、
外へ出る必要がなかったんだが。
それまでいろんな所へ行ったが、どんな所でも町の様子をぶらぶら見るのは楽しいものだったし、
ここでもそうできると思ってたんだ。



518 名前:窓を越える老婆2/7[sage] 投稿日:2009/08/18(火) 17:34:07 ID:D+dB/6oU0
2週目の土曜になると、相当退屈になってきた。王さんも俺のお守りに疲れてきたみたいだった。
昼食時、「今日の午後はたっぷり昼寝するよ。王さんも休んでくれ。夕食時にまたな。」と言うと
王さんはちょっとホッとした感じで、「わかった。ゆっくり休んでいてください。」と自室へ帰った。
それで俺は、工場の周りを散歩することにした。退屈しのぎになるかと思ってね。
まあ秘密施設があったら怖いが、何か見かけたら戻ればいいし、くらいに考えてた。
門まで来たら、守衛が俺に向かって何か言ったが、当然、全くわからない。
守衛の舌打ちを無視して、俺は外へでた。外出は車ばかりだったし、注意して見てなかったが
門の向かいや左右に、工員向けのよろず屋みたいなのと、食堂が数軒。
真ん中だけ舗装されているホコリっぽい道を歩き出した。
畑とポツポツと古い家があるだけで、ほんとに何もない・・・引き返そうかという時、
畑横の1軒の朽ちかけた家の中から、ガサガサッという音が聞こえた。

え?ここに人が住んでるの?屋根も壁もボロボロだし、窓にガラスも入ってない。
もしかして野犬?こっちは狂犬病が多いと聞いていたのを思い出し、途端に怖くなった。
すると「ぐぅぇぇ・・・」という声が家の中から聞こえた。え?え?と俺は凝視モードに入った。
ガラスのない窓枠に、屋内から枯れ枝のような手がぶら下がっているのが見えた。爪が異様に長い。
魅入られたように見ていると、窓の下からばさばさの白髪が現れ、
ゆっくりと、しわくちゃの婆さんが顔を半分のぞかせた。

その婆さんの目は、病気なのかなんなのか、白い半透明の膜みたいものがあって黒目がはっきり見えない。
恐ろしさがこみ上げて来て、俺は工場の方へ走り出した。
途端にガッ!と肩を掴まれた感触があった。そりゃもう、必死で走って帰ったよ。
守衛が驚いたように俺を見ていたがそれどころではなく、自分の部屋に転がり込んでへたり込んだ。



519 名前:窓を越える老婆3/7[sage] 投稿日:2009/08/18(火) 17:35:52 ID:D+dB/6oU0
あの婆さんはなんだ?普通に住んでる人だったのか?しかしあんなボロ家に?
もしそうで、病気だったんなら、走って逃げて気を悪くしただろうか?あっ、見えてないのか。
などど、心臓バクバク状態であれこれ考えた。そういえば、肩を掴まれた感触が??
と思って、Tシャツをずらして肩を見てみると、細い三日月のような赤いスジが3つ並んでる。と、反対側に1つ・・・
あの婆さんは人じゃないのか!?って震えた。

夕食時、王さんが「よく休めましたか?」と聞いてきた。
俺は、ボロ家で見たことを話そうかと思ったけど、怒られそうなので「うん」と曖昧に答えておいた。
その晩も王さんが部屋にやって来て、あれこれ話して過ごし、婆さんと肩の傷のことは忘れかけていた。
王さんも自室に戻り、風呂でも入ろうと空きベッドに広げておいたスーツケースから
着替えを出そうとかがみこんだ。その時ちょうど後ろ側にある、開けていた窓のほうで
ガリッ、て音がしたんだ。ん?なんだ?と一瞬思い固まったが、もう音はない。
気のせいかと着替えをあさっていると、またガリッ、ガリッという音がした。
俺はかがみこんで着替えをつかんだまま、恐怖で固まった。見てはいけない、見てはいけない!
どれほど固まっていただろうか。怖くて全く動けなかったんだ。
が、「ぐぅぇぇ・・・」という声が聞こえて、俺は気が狂ったように振り向いた。

俺の部屋の窓枠に、外からしわくちゃの手、長い爪がしがみついてたんだ。
そしてぼさぼさの白髪と、膜がかかったような目がだんだん見えてきた。
昼間は半分しか見えなかった顔が、ゆっくりと、全部現れてきた。
土気色のしわくちゃ顔に、線を引いたような薄い唇だけが真っ赤だった。
俺が動けなくて凝視していると、婆さんが突然ヒラリというか、ふわっというか、急に窓枠の上に上がって来たんだ。
そこで俺は弾かれたように立ち上がって、なんか叫びながら、転げるようにして部屋から出た。



520 名前:窓を越える老婆4/7[sage] 投稿日:2009/08/18(火) 17:37:37 ID:D+dB/6oU0
俺の叫び声を聞いて、ゲストハウスの台湾人たちが部屋から飛び出してきた。
王さんもすっ飛んで来て、「どうしました?どうしました?」と聞いてくる。
俺は腰が抜けて廊下にへたり込み、部屋を指差して「ば、ば、婆さん、窓、窓」としか言えなかった。
王さんらが俺の部屋へ入っていったが、すぐに出て来て、「何もないですよ。一体どうしたんですか?」
他の台湾人に水をもらって、人に囲まれた俺はちょっと落ち着き、昼間のボロ屋の話から始めた。
王さんの顔がこわばる。王さんが中国語で皆に話すと、皆「アイヤ・・・」と首を振った。
「・・・だから、一人で工場の外へ出るなと言ったでしょう!」王さんも、首を振り振り言った。
そうだ。肩の傷はどうなった?と思いめくってみると、赤いスジだけだった傷は膨れ上がり、
熱を持ったようになっていた。ずきずきと痛みも感じ始めた。

王さん達はその傷を見て、もっと深刻な顔になっていき、なんやらワアワア話し始めた。
何人かは携帯を出してきて、あちこちに電話し始めた。
婆さんも怖かったが、台湾人達の緊迫した様子を見て、俺はたいへんな事態なんだと、もっと怖くなった。
その晩は王さんの言葉に従って、王さんの部屋で王さんともう一人の台湾人と寝ることになった。
俺はもう怖いのと、肩が痛いのと、疲れたのでベッドでぐったりしていたが、
王さんともう一人の台湾人は、なにやらヒソヒソと、ずっと話し込んでいた。



521 名前:窓を越える老婆5/7[sage] 投稿日:2009/08/18(火) 17:39:15 ID:D+dB/6oU0
翌日朝早く、ゲストハウス前に迎えの車が来た。この工場に元々いるという幹部職員が乗っていて、
王さんともう一人の台湾人と一緒に、俺も車に乗って出かけることになった。
「日曜なのに王さん、みなさんにすまない。でも、昨日のあれは何なの?これからどこへ行くの?」
と王さんに聞いた。王さんは一瞬怖い顔をしたが、すぐにっこり笑って
「だいじょうぶです。これから解決に行くのです。」としか言ってくれなかった。

車で小一時間ほど走っただろうか。よく似た田舎の風景、よく似た農家らしき一軒の家で車は止まった。
門内の中庭に中年の女性が待っており、土間の部屋には盲目らしい婆さまが座っていた。
部屋はうす暗く、大きなロウソクが焚かれ、線香か何かの匂いで咳き込みそうになった。
拝み屋さんか?と思いながら、促されて婆さまの前へ行き座った。
俺が近づくと、婆さまは思いっきり顔をしかめて何やら言った。工場幹部や王さん、中年女性が何か言う。
しばらく話が続いたが、俺は言葉もわからないし、王さんも何も聞いてこないのでずっと黙っていた。
婆さまは紙と筆を用意させ、ブツブツつぶやきながら、紙にしゃらしゃらと絵文字のようなものを書き、
拝むような仕草を何度もした。この時は誰も何も話さず、俺は異界に迷い込んだようで益々怖くなった。
次に婆さまは皿に紙を置いて、ロウソクで火をつけて燃やし、またブツブツ言った。
王さんが俺に、シャツをめくって肩を見せるように小声で指示した。
婆さまは俺の傷が見えるのか?ブツブツつぶやきながら、灰を傷に塗りつけた。
俺は痛くて思わず「ウッ!」と言ってしまったのだが、王さんに手で牽制された。
何度か灰を塗りつけた後、中年女性が碗に水のようなものを入れて持ってきた。
婆さまは、灰をつまんで碗に入れてブツブツ言うと、俺の前に差し出した。
俺が王さんを見ると、王さんは黙ってうなずいたので、俺は恐る恐る飲んでみた。
灰がちょっと苦かったが、普通の水だったように思う。
合計三枚の紙に何やら書かれ、同じ行動を繰り返した。
婆さんが大きな声で叫んだ(かなりビックリした)あと、王さんが「終わりました」と、口を開いた。
中年女性が、絵文字を書いた紙を俺にくれた。王さんが「いつもそれを持っていてください」と言った。



522 名前:窓を越える老婆6/7[sage] 投稿日:2009/08/18(火) 17:41:01 ID:D+dB/6oU0
帰りの車では、誰も何も言わなかった。ただ、それから三日ほど、王さんの部屋で寝るように言われた。
その後も王さんは何も言ってくれないし、俺も聞く気になれなかった。俺は心底怖かった。
ビビリと思われるだろうが、しばらく一人になるのが怖かった。窓の方も見られなかった。
異国の地で異形の婆さんを見て、拝み屋へ連れて行ってもらい、護符のようなものまで持たされたんだ。
翌日からの仕事中も上着の胸ポケットに護符を入れ、風呂に入る時は護符を洗面台の上に、
寝る時は枕もとのテーブルに広げておいた。傷の腫れはすぐひいて、三日目くらいにはスジも薄れてきた。

次の土曜日、同じメンバーであの婆さまの所へ連れて行かれた。
婆さまは今回顔もしかめず、一回きり紙にしゃらしゃらと何かを書いて灰にし、
水に溶かして俺に飲ませ、両手でパンパンと俺の肩を叩くようにして、大声でなんか言った。
王さんが「もうだいじょうぶです。もう怖くありません。よかったですね」と、笑って言った。
俺が持たされていた護符も、皿の上で焼かれた。

帰って来て、王さんの部屋で二人になった時、俺はあの婆さんはなんだったのか聞く勇気が出てきた。
「何かは、私もほんとうに知らないです。でも悲しいこと、不思議なこと、怖い噂はどこにでもあります。」
「私達がここへ来た時、一人で空家へ近づいてはいけないと工場の人に言われました。
ここの人達はみんな、一人では絶対に通りません。でも以前一人、一緒に来た台湾の仲間が一人で行って
あなたと同じように、とても怖い目に遭いました。だから、あなたにも絶対ダメですと言いました。
あなたに、正直にこの怖い話をすればよかったですね」とだけ、王さんは話してくれた。あと、
「最初あなたが近づいた時、あの婆さまは『死臭がする』と言って、嫌な顔をしたのですよ」とも。
「でも、もうだいじょうぶです。」他は、笑って一切教えてくれなかった。
その一人で行った台湾人はどうしたのか、その時はどんなだったのか、
それも王さんは言ってくれなかったし、俺もそれ以上は怖くて聞けなかった。



523 名前:窓を越える老婆7/7[sage] 投稿日:2009/08/18(火) 17:42:43 ID:D+dB/6oU0
その後何も起こらず、俺も皆もその件に関して何も言わず、
残り一週間、契約通りの仕事をして日本へ帰ってきた。
帰り際、王さんや台湾人、工場の人達に何度も礼を言った。
皆、気にするなみたいな感じでポンポンと肩を叩いてくれ、握手で別れた。

日本でも、また他国での出張時にも、何も起こらずこうしている。
でも今でも、拝み屋の室内の雰囲気と、強烈な線香の匂いは忘れられないし、
窓を見ると、あの婆さんの顔と、ふわっと窓枠に上がった姿を思い出してゾッとしたりする。


11.19 (Thu) 15:07 [ 怖い ] CM2. TOP▲

542 本当にあった怖い名無し sage 2009/10/08(木) 17:21:37 ID:ILEDbse9O
俺のバイト先の同僚で、自分自身のことは棚に上げて、悪口を言うような人間がいた。
屁理屈ばっかこねる面倒臭い奴だった。
夏の終わり頃に、その同僚は口数が減り、沈んだ顔で勤務するようになった。季節の変わり目で体調を崩したのか、と俺は思ったんだが話を聞くに違うようだった。
「ハッキングされた」
彼の趣味はネットで、色んな掲示板を巡っていたらしい。その際にハッキングされて、監視を受けるようになったと言っていた。ネットで調べた対応策を講じても無駄だったらしい。
「メール攻撃だけじゃない。俺が行くサイト全てに奴がいて、俺に向けて書き込みをしてくるんだ」
俺はそのメールを見せて貰ったが、記号や文字が不規則に羅列されているのみだった。俺はどうせ彼の悪戯だと思って話半分に聞いていた。

それから数日が過ぎた辺りで彼が俺に話しかけてきた。
「原因を見つけた」
そう言った彼は俺に、プリントアウトされた変な画像を見せてきた。黒い背景に紫色の球体が浮かんでいる絵。
「絵の創作スレッドでこの画像をアップした奴を貶した時期と、ハッキングを受けた時期が重なるんだ」
そう話す彼の顔がみるみる青くなっていった。
「そして、この画像をダウンロード



543 本当にあった怖い名無し sage 2009/10/08(木) 17:22:32 ID:ILEDbse9O
俺は彼に、自業自得だ、とだけ言った。彼は気が滅入っていたのか素直に頷いた。
その後、彼はPCを初期化すると同時にネットを解約したと言ったきり、この話題を持ち出すことは無かった。
そして数週間後、彼はバイトに来なくなった。店長は何度も彼に連絡したが、応答が無かったらしい。無断退職はよくあることだったので、店長は特に気にすることなく、穴を埋めるために募集をかけるだけだった。
俺はというと、ハッキングの件もあって少し彼が気になっていた。俺は店長から、様子を見てくるという名目で彼の住所を聞き、仕事帰りに彼の家に立ち寄った。
アパートの二階に位置していた彼の部屋からは明かりが漏れていた。俺は何度か呼び鈴を押し、ドアを叩いたが彼は出て来なかった。嫌な予感がしたのでドアノブに手をかけると、それは回った。

俺は恐る恐る中に入ったが、目の前の光景に絶句して後退りしてしまった。
部屋は紫色と黒で埋め尽くされていた。
ペンキで描かれた無数の紫色の円形の上に黒がぶちまけられていた。部屋の中央部にはPCが置いてあり、アイコンからタスクバーに至るまで全てが紫の円と黒で構成されているのが見えた。
部屋に散らばっているコピー用紙にも紫と黒が、彼の手によって描かれていた。彼は部屋の隅で突っ伏していた。彼の皮膚も紫色で黒ずんでいて、とても生きているようには見えなかった。
彼は死に際も絵を描いていたようで、手元にはペンと紙があった。だが、最後に描いた絵には何故か紫の球体が描かれていなかった。黒く塗りつぶされただけに見えるその絵に、彼が何を描いたのかは解らない。


11.17 (Tue) 03:25 [ 怖い ] CM6. TOP▲